Header Ads

科学がeスポーツのプロも本物のアスリートであると示す

翻訳元:Deutsche Welle

ドイツ体育大学ケルンの科学者、eスポーツ選手の研究を行い、彼らも「通常の」アスリートと同じ様な肉体的負荷に晒されているという事実を発見し驚く。


(引用元:Deutsche Welle



 Ingo Froböse教授がeスポーツ選手の研究を始めたのは5年前。これにより、ドイツ体育大学ケルンにおける怪我の予防とリハビリテーションの専門家である教授は、この分野のパイオニアのような存在となり、初めてeスポーツ選手の研究を行った科学者となった。これまで、eスポーツのプロフェッショナルが競技のために行う必要があるトレーニングの種類や、大会の間どういった類の負荷に晒されているのか等、彼らに要求されるものを詳しく調べたものはいない。研究の結果は教授をひどく驚かせる。

(引用元:Deutsche Welle

「私たちは特に、要求される運動能力と彼らの能力に目を見張りました」 と教授は語る。そして、「eスポーツ選手はキーボードとマウスの操作のために、実に1分間に400もの動作を行います。これは平均的な人の4倍にもなります。全てはばらばらな動作で、両手は同時に動かされ、そして脳の様々な部分もまた同時に使われます」と加えた。

 これは、手と視覚の高度な協調が求められる卓球ですら見られた事のない水準の負荷だ。



マラソン選手並の脈拍数


 eスポーツ選手が大会で戦う姿は、素人目にはただ適当にキーボードを叩き、マウスを動かしているように映るに違いない。しかし教授はこの考えを否定する。彼は、Counter StrikeやLeague of Legendsのような戦略的なゲームは、運動能力に加え、相手を打ち破る為の高水準な戦術理解が求められる極めて複雑なゲームであると指摘する。

 さらなる発見を求め、彼らドイツ体育大学の科学者たちは、eスポーツ選手の精神に要求されるものを明確にすることを目的として、ストレスホルモン・コルチゾール(訳註1)を確認するテストを行った。

訳註1:ストレスを感じた際に分泌されるホルモン。詳細はこちら

「分泌されたコルチゾールの量は、レーシングドライバーのそれと同じレベルでした」と教授は言う。「これに併せて、時として1分間に160から180という早さにもなる早い脈拍が起こります。これは、マラソンと言えるほどの速いペースのランニングの際のものに匹敵します。運動能力が関係していることは言うまでもありません。その為、eスポーツは他の殆どのスポーツと同じか、ことによるとそれ以上に、様々な能力が必要とされると考えています」と彼は言う。



より良いトレーニングと栄養摂取は必須


 しかしながら、多くの選手は、彼らに要求されていることを理解していないように見える。なぜなら、彼らは栄養摂取やトレーニング方法を適切に調整することを怠っているからだ。何年にもわたる研究は、彼らの殆どは大会に向けてのプロフェッショナルな準備をしていない事を明らかにしている。

 教授は「健康状態という点に関して言えば、多くの被験者は単なる一般市民です。一般の方々というと全く健康とは言えず、私は心配しています」と話す。「例えば、彼らは肩や首の部分全体を強化する運動を怠っています。もし彼らがこれを行えば、競技において極めて重要である腕の細かな運動能力を改善することでしょう。」

 Rene Pinkeraもこれを怠っていた1人だ。SK Gamingというチームに所属している22歳のPinkeraは、アナハイムで行われたBlizzCon 2015のWorld of Warcraftの世界大会で優勝した。彼のトレーニング方法は、他の3人のチームメイトと同じく、コンピューターでゲームをするというだけだ。

「短いウォーミングアップをしたり、腕や手のストレッチをいくつかしたりはします。そんなもので、後はプレイします。ゲームはそれが全てですからね」とPinkeraは言う。

「最低でも1日6時間、時には12時間プレイすることもありますよ。」

 こういったことがIngo Froböseを不安にしている。なぜならPinkeraは決して例外ではないからだ。彼の知る限り、eスポーツのプロの大部分におけるトレーニング方法は、毎日コンピューターの前で何時間も費やすことで成り立っている。教授は、彼らは身体をリラックスさせる為の運動とともに、定期的な肉体トレーニングも行うべきだと考えている。



20代中盤で限界に達する


「行われていないことはストレスのサイクル、つまり、負荷のかかった後で休憩を設けることであり、そうすることで選手は大会期間中の疲労を回復し乗り越えることが出来るはずです」と教授は語る。「他の要素としては適切な栄養の摂取もあります。」eスポーツ選手の食事も、他のアスリートの食事、例えば脳の血液循環を増す朝鮮人参などの栄養補助食品を含むようなものであるべきだ。

Blizzcon 2015のWorld of Warcraft世界大会で優勝したRene Pinkera(左から2番目)
(引用元:Deutsche Welle

 Rene Pinkeraも、これまで参加した多数の大会で、多くのeスポーツ選手は自分たちが何を食べているのか十分な注意を払っていないことに気付いていた。

Pinkeraは「選手たちが砂糖をたくさん含んだエナジードリンクやジュースを持っているのをいつも見るでしょう、でも何を食べているのかには注意していません」と話す。

「糖分は避け、まずはバナナを食べるようにしています。でなければシリアルバーですね。飲むのは水にしておけば間違いありません。」

 Froböse教授は、プロフェッショナルなトレーニング方法とより良い栄養摂取が、多くのeスポーツのプロが直面している問題のひとつを解決しうると確信している。eスポーツの選手寿命は概してとても短く、20代中盤に終わりを迎える。反射神経が衰え始め、より若い選手が有利になるからだ。だが教授は、トレーニングとより良い栄養摂取を行えば、Rene Pinkeraのような選手もキャリアを4、5年伸ばすことが出来るのではと考えている。しかしながらPinkeraは、すでにゲームの後の人生の準備を始めている - 大学でコンピューターサイエンスを勉強しているのだ。



No comments