Header Ads

<訳註付き>チャンピオンを創る:どのように父の海外旅行がときどを頂点へ導いたのか(ESPN)

翻訳元:ESPN、2017年8/25公開


 それは大きな問題だった。

 2002年、当時17歳の谷口 "ときど" 一(はじめ)は本来ならば大学入試へ向けて準備をしなければならなかった。彼は、東京にある超一流進学校である麻布高等学校の生徒だった。父・谷口尚は、日本最高峰の医科大学のひとつ、東京医科歯科大学の教授だ。しかしときどは、参考書を開いたまま無為に指をもてあそんでいた。彼の心はロサンジェルスにあった。

 望みはEvo優勝。

 これはときどにとって最後のチャンスだった。ゲームをプレイすることは永遠にできず、そしていつの日か、大学へ行き、就職して人生は進んでいくということはわかっていた。父に提案をした。ロサンジェルスに行き、初めて開催されるEvolution Championship Series(訳註1)で闘うことを許してくれれば、帰国してからはすぐにでも勉学に完全に集中できる、というのだ。

訳註1:Evo、ないしEvolutionという名としては2002年からアメリカ・ラスヴェガスで毎年開催されている、格闘ゲームの大会としては最大規模の大会。賞金としてはとりたてて高額ではないものの、この大会での優勝は最高の栄誉とみなされている。毎年世界中から、プレイヤー以外も含めた格闘ゲームファンが集い、公式開催のトーナメントに参加したり、自由に好きなゲームのトーナメントを行ったり、プロプレイヤー達と交流したりと、「格闘ゲームの祭典」の名にふさわしいイベント。詳しくはこちらのWikipediaページを参照。

 驚いたことに、谷口尚の答えは「イエス」だった。

 ときどはロサンジェルスに飛び、Capcom vs. SNK 2(訳註2)のトーナメントで優勝し、1,500ドルを手に帰国した - この賞金は全てゲームセンターで使い果たされることになる。そして約束通りときどは受験勉強に励み、日本最高学府・東京大学へ合格する。

訳註2:2001年にカプコンから発売された格闘ゲーム。格闘ゲームの2大メーカーであるカプコンとSNKがコラボレーションをしたこの作品は、当時とても人気があった。

 しかし15年後、彼は再びEvoのステージに戻ってきた - 今回はマンダレイ・ベイ イベントセンター(訳註3)の、何千もの観客の前で、35,000ドルがかかったストリートファイターVでの優勝だ。ときどは今、3度NBAを制したRick FoxのチームEcho Fox(訳註4)所属のプロプレイヤーだ。そして彼は世界で最も有名なプロeスポーツ選手の1人になった。

訳註3:マンダレイ・ベイ カジノ&リゾートの施設のうちの1つで、ボクシングの世界タイトルマッチなどが行われることで有名なアリーナ。収容人数約12,000人。2016年から、最終日の決勝トーナメントのみこちらで行なわれている。
訳註4:格闘ゲーム以外のジャンルも含め、多数のプロeスポーツプレイヤーの所属するチーム。格闘ゲームでは世界最強クラスのプレイヤーを何人も抱えている。なお、創立者のRick Foxは有名バスケットボールプレイヤー。つまり、有名プロスポーツ選手が引退後にeスポーツチームを創立したということ。

 15年前のあの「イエス」が、彼をその舞台に立たせたのだ。



情熱が可能性を生む


 1985年の7月7日、谷口尚は沖縄にいなかった。その為、息子の誕生を目にすることが出来なかった。東京に戻って働いていたのだ。

 同じく歯科医であった彼の妻ユキコは、妊娠後期になり故郷の沖縄へ戻っていた。日本で最も南に位置する県だ。谷口尚は東京医科歯科大学で鞭を取っていた為、独り東京に残らなければならなかった。

「そのあと、一ヶ月後ですね、沖縄に行きました。」自身のオフィス、息子の隣でそう言う。

 谷口尚は患者の診察を終えたばかりで、白衣のままだ。ときども仕事着 - Echo Foxの目立つロゴが真ん中に入ったシャツを着ている。谷口尚は白衣を脱いだ。

 ときどは、3人のいとこと姉のアヤの中で一番若い。両親が共働きだった為、ときどと彼の姉はマンションの3階に住むいとこのところまでいき遊んでいた。ときどは任天堂ファミリーコンピューターの "スーパーマリオブラザーズ" で初めてゲームに触れ、小学生の時に友人の家で "ストリートファイターII"(訳註5) を見せられる。

訳註5:1991年にカプコンから発売(アーケード版)された格闘ゲーム。格闘ゲームの元祖といえる作品で、社会現象といえるほどの爆発的な人気を得た。1992年にはスーパーファミコン版も発売され、ここでときどがプレイしたというものはおそらくこれ。詳しくはこちらのWikipediaページを参照。

 彼はそれを気に入り、プレイし始める。うんと長く。

 中学高校時代を通じ、ときどは格闘ゲームをプレイし続け、大会にも参加した。そして彼は国内最強の一人という名声を得る。しかし、このようなスキルがあるにも関わらず、学業は常に彼の人生の一部だった。


(引用元:ESPN
谷口 "ときど" 一の父は、若い頃の殆どを旅をして過ごし、その経験が後に、ときどをやりたいようにやらせ、格闘ゲームでのキャリアを広げさせることになる考え方を作る


 ときどは東京大学でマテリアル工学を専攻し、2008年に卒業した。その後、彼は大学院で環境問題についての修士号の為の単位を履修し始めたが、研究室での仕事はとても難しく、結局研究室に全く行かなくなってしまう。

 ときどは何をするべきかわからなくなってしまった。日本では、殆どの学生は大学3年生の間に就職先を決めることを目指す。生涯を決めると言っていいようなもので、この期間に就職先を得ることの出来なかったものは見下される。

「当時僕は公務員になることを考えていました。とても安定した仕事ですが、決して高給というわけではありません。」ときどは言う。「でも、公務員ならば休暇をとって趣味の為に時間を使えると思ったんです、ゲームの為に。」

 日本で最も有名なゲーマー梅原大吾がプロゲーマーになる(訳註6)という報せをときどが聞いたのは、この時期だった。

訳註6:梅原大吾は、3つのギネスレコード、複数のスポンサー、自著の出版、漫画化など、世界で最も有名かつ最も成功しているプロ格闘ゲームプレイヤーの1人。小学生の頃より格闘ゲームをプレイしはじめ、中学生のころには大学生や大人に混じりゲームセンターに入り浸り始める。梅原がプロになったのは2010年。詳しくはこちらのWikipediaページを参照。

 そして当時24歳のときどは、プロゲーマーの道を目指すべきかどうか父に相談する。彼は再び驚いた。

「すぐに」谷口尚は語る。「息子の背中を押しました。」

 谷口尚は、昔ながらの日本の親とは違い、自分の息子がゲームにのめりこむことを気にはしていないようだった。彼は趣味と情熱を持つことは良いことだと感じており、谷口尚にとってそれは音楽だった。彼は、音楽家になることを夢見ていた。

「でも才能が無くてね。」自嘲めいて言う。「当時は、収入面で言えば歯科医はとても良かったんです。」

 谷口尚はシンセサイザーの魅力に捉えられていた。一台あれば、モーツァルトを再現できる。しかしシンセサイザーは今も昔も、極めて高価だ。

 彼の目標は、歯科医院で働いて稼いだ収入でシンセサイザーを購入し、交響曲を作曲することだった - そして、彼はそれを達成し、同僚や通勤をする人たちの耳を癒している。

「3年前、このオフィスにはたくさんのシンセサイザーがありました」と谷口尚は言う。

 音楽への愛は彼の仕事を活発にもした。音への理解と、癌治療の為に顎を切除した患者が使う装具についての専門知識が、これらの患者に声の出し方を教える為の研究を進めさせた。

 彼はいつも情熱を互いに結びつけようとした。そして彼のこういった情熱の追求への欲望が、はたから見れば無関係に見えるかもしれないが、息子の前途に広がる可能性に対してオープンにさせた。



慣習の打破


 日本は概してとても保守的な国で、多くの親は子供がより普通の道を歩むように育て、そのように促す。

 2002年の谷口尚の判断それ自体は、色々な意味で驚くべきことだった。しかしながら彼自身にとっては、論理的な選択だった。

「当時私は大学の副学長 - 学生課を担当していました。本当に多くの学生が難しい問題について相談しにきましたね」と谷口尚は言う。彼は学生達と彼らの親の間の対立をしばしば耳にすることになり、それが、将来について考える学生達が直面する問題についての彼の考え方を形成した。

「父はどうかしてると思いました。普通の親なら『やってみろ、自分の道を進むんだ』なんてことは決して言いませんよ」と、ときどは言う。

 ときどはEvo 2002に参加した日本人の中では最年少だったが、年上のプレイヤー達と仲良くなる方法があった。彼は学校で英語を学びそこそこのものを身につけていたが、「殆どの日本人プレイヤーは英語をしゃべれない」ので、ときどが実質日本人プレイヤー達の通訳者となっていた。

 ときどは自分の英語が上等なものではないことを認めた上で、「だけど、それでも何とかコミュニケーションをとることができますし、それが嬉しかったのとちょっとした自信にもなりました」と語る。

 これはEvoやCapcom Cup(訳註7)がESPN(訳註8)で放送されたり、Twitch(訳註9)の配信で何十万もの視聴者を得るようになるずっと以前の話だ。しかしときどはストリートファイターの継続的な成長を目にする。はじめ大学の体育館で開催されていたこの大会は、すぐにラスヴェガスでの開催になり、最終的にマンダレイベイ・イベントセンターで開催されるようになる。

訳註7:カプコンの行っているCapcom Pro Tourの決勝大会のことで、1年を通し世界中で行われるCapcom Pro Tour指定大会の総合成績上位のプレイヤーが招待される。2015年の優勝者は日本人プレイヤーのかずのこで優勝賞金$125,000(約1500万円)、2016年の優勝者はアメリカのNuckleDu(ナックルドゥ)で優勝賞金$200,000以上(2300万円以上、詳細金額不明)。格闘ゲームの賞金としてはおそらく最大。Capcom Cup 2017はアメリカ現地時間の12月10日から開催される。
訳註8:アメリカのスポーツ専門としては最大のケーブルテレビチャンネル。
訳註9:現在世界で最も人気のあるゲーム配信を目的としたオンライン配信プラットフォーム(ウェブサイト)。世界で行われる格闘ゲームの主な大会の殆どはこのサイトから無料で視聴できる。前述のCapcom Cupもこのサイトで配信される。リンクはこちら

 谷口尚は、息子が今年のEvoを制覇するのを見ることはできなかったが、ときどの偉業はニュースサイト(訳註10)でも報じられた。その翌日、たくさんのスタッフ達が彼を訪れ、息子の偉業を祝ってくれた。

訳註10:Yohoo!トップなどにも掲載された。


(引用元:ESPN


「世界チャンピオンになるのはもの凄く大変でしょう。」谷口尚は言う。「私にすれば、歯科医になるのはとても簡単なことですよ。」

 来年の3月で谷口尚が大学に来てから38年を数える。それは引退を考える時期でもあり - ときどの情熱に没頭することを考えていた。

「できれば、息子のマネージャーになりたいと思っています」と思いを語る。「そして一緒に世界をまわりたいですね。」

 ときども初耳だった。目を細め父の方を窺い、じっと見つめる。谷口尚も息子に目を向け、笑う。



「格ゲーをプレイしながら死にたい」


 ときどは現在32歳。人生の半分以上は、格闘ゲームに打ち込んできた。強力なスポンサーに大会での優勝、彼の前途は有望に見える。

「僕は引退なんてしたくないですね」と、ときど。「個人的には、Evoで優勝したからと言って最強だとは思いません。世界には僕より強いプレイヤー達がいることはわかっています。」

 しかしEvoやCapcom Cup優勝ですら最強を意味しないのならば、何をもって最強だというのか?

 その答えに、ときどは仮定の話を持ち出した。

「格ゲー星人が地球を侵略しに来たとしますよ」と始める。「もし格ゲー星人が勝って僕らが負けたら、格ゲーをすることが出来なくなります。地球代表として1人だけ格ゲー星人と闘えます。あなたなら誰を選びますか?」

 ときどは、この挑戦を引き受けることができるのはたった1人しかいないと考える。梅原大吾だ。ときどは、躊躇なく進んでこの役目を負うことができるようになるまで、自分を最強だとは考えない。また、例えそこまで辿り着いたとしても、ときどは満足しないだろう。

「格ゲーをプレイしながら死にたいですね」と彼は言う。

 しかし谷口尚は、ときどは次の大きなステップを踏むべき時期に立っていると考えている。

「結婚して、良いお嫁さんをもらってくれればいいんですけどね。」28歳で結婚した谷口尚は言う。「奥さんがいればもっともっと強くなるぞ、と言いたいですね。」

 ときどは結婚のことを頭に浮かべ忍び笑いをして、再び父に目線をやり、長いこと見つめた。



チャンピオンを生む


 もしときどが普通の日本の家庭に生まれていたら、格闘ゲームはただの学生時代の間だけの情熱で終わっていただろう。だがそうではなかった。彼の父は、彼のeスポーツキャリアに消えることのない影響を与えた。

 谷口尚は、人生には学業や労働以上のものがあるとわかっていた。それは、シカゴに住んだり、作曲をするためにシンセサイザーを買ったりといった形であらわれた。人生には、作曲のように、クレッシェンドや各楽章、テンポの変化やコーダが必要なのだ。

 そのような理解がなければ、ときどは小さな個室に座っていたかもしれず、7月にラスヴェガスで観客に向けてやって見せたように、豪鬼(訳註11)の真似をして仁王立ちすることもなかったかもしれない。

訳註11:ときどの使用するキャラクター。このページ2番目の写真がそのポーズ。

「父は僕よりも30歳年上で、経験も豊富、僕自身だけではなく周囲のことまで見ることができます。」ときどは父のことをこう評した。

「良いアドバイスをくれましたよ。」



No comments